おたんこなすこのオザンビアン

コンドームについて

このタイトル!?と思ったみなさま。


そうです、コンドームについてです。


こちら、オザンビアは、HIV感染者が多い国。
オザンビアというより、南アフリカ地域が多いのですが。。。

首都ならば、10人に1人くらい。

地方のある都市だと、6人に1人くらい。もっと多いかも。


HIV/AIDS感染、発症者が多く、街のいたるところに、HIV対策のクリニックやホスピス、VCT(HIV感染のテスト)ができるところがあります。


HIVによって、両親が亡くなって、孤児になっている人も大変多い。
クラスに、最低1人、2人、3人くらいはいます。


今は、発症、進行を抑える薬が国から無料で処方されているから、昔ほど死者の数も減りました。


だけど、未だ、ここの国の問題であるのです。



でも、それは、日本も同じ。

世界で感染率が唯一増えている国がひとつだけあるのですが、それが日本なんですよ。



コレ聞いて、びびりました。



全然、人ごとじゃない。





最近の高校生は、妊娠のことだけを気にして、普通のセックスではなく、お尻の方を使ったセックスが広がってるらしい。
いちばん、HIV感染しやすいのに。


割礼は、HIV予防の効果があるため、この国では、無料。
だけど、日本じゃ、有料。


HIVについての教育、情報が、行き届いてないのが、現状だなと思いました。
私も、ここに来るまで知らなかったことだらけですもの。




コンドームも然り。
避妊具でもあるけど、やはり、HIV予防には、とても大事なものなのです。


ゆえ、コンドームの普及率はすごい。
テレビのCMでも普通にやってます。

しかも、スーパーのレジの横に、あめ玉やガムと一緒に置いてあるからね。
ひょいと、手に取りやすいです。
しかも、値段が半端ない。

3つで、24円。



破格!



HIV対策でボランティアにきている人(女)と、試しに買ってみるかと、買ってみたら、びっくり。
24円!?
ふたりで、目を疑いました。




そして、友だち(女←一応明記:親が心配するだろうから)と、あけてみて、ほほう…と。。


まぁ、普通のコンドームには、変わりありませんが、分厚い。



比べてみると、日本のは、びっくりするくらい薄い。
ゆえ、友だちが働いているHIV関係の事務所で、オザンビアンに、日本製のコンドームを試しにあげてみると、その薄さに驚き、さらに使用して(←この情報はいらない?)絶賛していたそうです。



そこらへんを聞くと、日本製ってすごいな。
日本人は、やはり、職人気質だな…と思いました。




このブログは、私の上司も、親も、友だちも、教え子の保護者も、いろんな人が見てるから、こんな話題を「!?」と思う人もいるかもしれない。けど、やはり、知ってほしいこと。




HIVは、いろんな感染経路があるけど、やはり、人は生きていく中で恋愛をして、相手をもとめ合って…その中で、複雑にからんでくる、HIV。なかなか、オープンにできないところで、ひたひたと、感染していくもの。



とても、複雑。
と、この国に来てから、考えさせられること多いです。





オザンビアに来る前に、私も保健所に行って検査してみました。
(結構、簡易検査だし、人もわりといたので、一度みなさまも行くとよいですよ)
思い当たる節はないけれど、周りの人、大事な人を守るため。



そう、すべては、大事な人を守るため。







というわけで、コンドームが破格だよって、ことをメインで書きたかったのに、長々と失礼しました。
[PR]



by otankonasuko | 2010-11-26 03:36

ザンビアで生きてる、おたんこなすの思うこと。
by otankonasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

最後の日
at 2012-06-09 00:00
きまぐれ
at 2012-06-08 04:02
通勤途中のばあちゃんと
at 2012-06-08 04:01
明日が仕事おさめ
at 2012-06-08 03:57
コロッケを再度作ったのだけど、、
at 2012-06-08 03:53

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧