おたんこなすこのオザンビアン

一瞬の気の緩みが逆転を許さないようにしたいのだけど

水曜日は、訪問の日。
四肢麻痺の16歳の男の子の家に、通っています。



その子の家に行くとき、


同僚が、


「マーケットの人が多いところは避けて、行こうか。昨日みたいな目に遭うのいややもんね。」



と、回り道をして行きました。



無事生還。


そして、帰り道。


同僚も嫌い(からまれるから)という飲み屋の前を通らなければならないのだけど、その前で、酔っぱらいに話しかけられる。


でも、これは、いつものこと。



だけど、なぜか、今日も何かが違った。。。



酒臭いおにいちゃんが、「このザンビア、そしてこのコンパウンドについて、君にいろいろ教えたい!」と、話しながら、ついてくる。。。。


無視しても、なおついてくる。



途中、同僚の家に逃げ込み、その家のお兄ちゃんたちにかくまってもらった。



が、もう大丈夫だろうと、しばらく歩いていると、待ち伏せをしていたらしく、またついてくる。。


怖い人ではないのだけれど、困る。


またまた、同僚の親戚の店に寄り、その人が諦めるのを待つが、しぶとい。。


でも、15分ほどして、ようやく退散。


訪問教育してた子の家から、学校に戻るまで、
足下の悪いなか(雨が急に降り、道が川になった)、

酔っぱらいから逃げるために走ったり、

酔っぱらいを避けて道路を横断するために、道にできた川を飛び越えたり………


ロングジャーニー(長い旅)でした。





一緒にいた同僚(昨日とは違う同僚)は、歩きながら私に、

「なんちゅー1週間なんやね。災難やなぁ。」

と、笑って言っていた。




学校に帰ってからも、みんなに災難だ!災難だ!と騒がれました。

「あんた、誰かにウィッチられてない?」

「綺麗すぎるから、あかんのやわ。不細工な他のボランティアを任地変わったほうがいいわ。どれどれ、誰が不細工かな〜。」
(その後、ボランティアの集合写真を持ち出して、品定めしていた;笑)




今週の私、どうなっちゃってんだろう。



脇を締めるぞ!
[PR]



by otankonasuko | 2011-02-03 04:16

ザンビアで生きてる、おたんこなすの思うこと。
by otankonasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

最後の日
at 2012-06-09 00:00
きまぐれ
at 2012-06-08 04:02
通勤途中のばあちゃんと
at 2012-06-08 04:01
明日が仕事おさめ
at 2012-06-08 03:57
コロッケを再度作ったのだけど、、
at 2012-06-08 03:53

ファン

ブログジャンル

画像一覧