おたんこなすこのオザンビアン

援助慣れっていうか、なんていうか、、、、プンスカッ

途上国に言われがちの、援助慣れ。

援助されて、当たり前みたいに思ってるというか、そういう感じの話。

それは、文化なのか、なんなのか。

文化とうまいこと絡み合っちゃってるのが、このオザンビア。


私の同僚は、コンパウンド(低所得者非計画居住区)にお住まいの、お金のない部類に入ります。

ですが、ザンビアにはお金を持っている人もいるわけで。


今回は、働いてお金を持っているオザンビアン(私の友人、マトゥトゥちゃん)の話。


っていうか、むしろ、お悩み相談。。。


オザンビアでは、お金持ちが、金を出すのが当たり前。

金を持っていたら、友だちの分のビールを買うのが当たり前。

車を持っていたら、乗せて、家に送っていくのが当たり前。

バーに行っても、いつもマトゥトゥが払う。
クラブに行った帰りも、なぜか、帰りのタクシー代はマトゥトゥが払う。。


それを見ていて、はて?これがオザンビアの文化なのかね?と、私が思っていたら、実はマトゥトゥちゃんも、それに悩んでいた。


「イギリスの大学に行っていたときは、本当の友達・同僚がいた。バーに行っても、クラブに行っても、帰りは、さわやかにマトゥトゥ、バイバーイ!と言ってくれた。(日本でも、これ普通よね。)けど、ここは違う。タクシー代ちょうだい、と手を出してくる。自分は、友だちを金で買っているようなもんだ。でも、自分の仕事は一人でできないものだし、仕事仲間を失うわけにもいかん。。。ここの国で、本当に心から信頼できる友だちをつくるって、なかなか難しい。」っとな。

お金をあげることを止めると、みんな途端に悪口を言い始めるらしい。

「あいつは、金持ちになって、俺たちのことを忘れてしまった」って。。。



幼なじみとかが、そんな感じなのよ。


おかしい!
かなしい!!

と、私は、プンスカッ!

ザンビアの文化って、時に変。


働いていいないくせに、当たり前のように金をせがむなよ!と、私は、怒り狂うこともしばしば。



でも、それが、ここの文化だったりして、ときにそれは有効に働くわけで。

また、オザンビアン文化だけを責めるのは、おかしくて。


それが、ここの国だから。


でも、この国も変わろうとしている。

変わることがいいことなのか、悪いことなのかは、わからないけど、マトゥトゥちゃんみたいに思う人もいるってことは、そういうことなのかもしれないし。



どちらにせよ、これに関しては、大変、むずかしい問題。




まぁ、とりあえず、マトゥトゥちゃんが、悲しい思いをすることが減りますようにと、願うばかり。
[PR]



by otankonasuko | 2012-03-13 07:21

ザンビアで生きてる、おたんこなすの思うこと。
by otankonasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

最後の日
at 2012-06-09 00:00
きまぐれ
at 2012-06-08 04:02
通勤途中のばあちゃんと
at 2012-06-08 04:01
明日が仕事おさめ
at 2012-06-08 03:57
コロッケを再度作ったのだけど、、
at 2012-06-08 03:53

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧