おたんこなすこのオザンビアン

<   2010年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧




居候とのベッドシェア

この1週間、病んで病んで病みまくっていた、おたんこなすこ。


いつも昼間は仕事にでかけるのに、なぜかベットで死んでいる…と居候のレオさんは思ったことでしょう。



で、自分もコロンとしてみようかな。。。と思ったらしく、私の横で、無駄にゴロゴロしていました。

b0191887_2112312.jpg



そして、相変わらず、蚊帳の上で嬉しそうにコロンコロンして遊んでいます。

b0191887_21131587.jpg


「どんだけ好きなんだ!」

と、私に突っ込ませるレオさん。



そんな彼女、発情期を迎えています。
[PR]



by otankonasuko | 2010-10-31 21:14

天の恵み

とは、雨のこのとです。


オザンビアに来てから、一回も降ってない雨。


それが、降りました!!!


いつも真っ青な空なのに、どんより雲って、風が強く吹いてきた。
ん??と思っていると、家政婦さんが「今日雨降るよ」と、教えてくれました。


見事的中。(家政婦さんは天気予報士)


雷がゴロゴロなり、パラパラとちょいと降っていました。

b0191887_2175887.jpg



私的には、ドッカーンと降ってほしかったのですが、今回は初回だから?か、パラパラでした。


これからの季節、雨漏りが気にかかります。
友だちの家は、トイレの雨漏りがひどくて、トイレに入るときは、傘をさして入ってたと離していました。家の中で、傘は差したくないな…。
[PR]



by otankonasuko | 2010-10-31 21:08

リゾート

実は、病む前の週末、オザンビアの首都ルサカ郊外のリゾートにいってきていた私。


人工だけど、サファリがあり、おいしいご飯食べて贅沢なご飯を食べて、ロッジに泊まるっていう遊びをしていました。


んで、アフリカにきて、初めて見た動物!!


見た―。
きりんの群れ。
b0191887_2112583.jpg


日本の動物園で見たきりんより、でかくてムチムチしてました。
おしり、プリプリしてた。

あと、ゾウとか、シマウマとか、バッファローとか、インパラとか、、、その他もろもろ見て、大興奮でした。



きりんの群れが、ぞろぞろ早歩きしてるのが、なんだか不思議な感じでした。


よく、あんな長い足で早歩きして、捻挫せんな…。と。


b0191887_2115130.jpg

[PR]



by otankonasuko | 2010-10-31 21:02

バクテリアだとかなんとか…

感染。


日曜日の夜から、なんだかおかしいな…と思いつつ、週末があけました。


したら、火曜日未明、激しい嘔吐と下痢にみまわれる。

5分おきに、内臓が出るんじゃないか??というくらい気持ち悪くなり、トイレに駆け込む。


下痢か?
嘔吐か?


どっちからいこう…と、思いながら、とりあえず、下痢して嘔吐。
を、夜中中繰り返して、朝、職場のボスに電話。


真っ白な顔の私を、病院へ連れてってくれ、血液検査をし薬をもらって帰ってきました。
車中でも、吐きまくる(もはや胃液しか出てこない)私、車とめてもらって、路上でも吐きまくる私。
久しぶりでした、こんなの。


一応、バクテリアかなんだかの感染症胃腸炎らしいけど。




今は、嘔吐はなくなったけど、未だ胃がおかしくて、なんだか気持ち悪いです。
食べると、胃が痛いし。


っつうことで、少し痩せちゃった私です。
[PR]



by otankonasuko | 2010-10-29 19:21

停電と夜ご飯と水

b0191887_5144791.jpg

本日、炎天下の中、1時間くらい歩いたため、どっと疲れてしまい、帰宅してから3時間ほど寝ていました。


そして、起きたら18:30。

「やばい、ごはんも、お風呂も準備していない。なんとなく、今日停電な気がする…」


と、第六感を働かせてたら、やっぱり停電。


お風呂は、ろうそくの火のともで入り、しばらくボーッとしみる。
けど、おなか空いた。



停電の直前に、お風呂用にお湯を作ってあったから、その残りのお湯でインスタントラーメン(スーパーで買い置きしてあったもの)だ。。



と、ぬるいお湯とラーメンをどんぶりに入れて、チキンラーメン方式で作ってみました。
おかあちゃんが、日本から送ってくれた乾燥わかめが活躍。(ありがとう、母)


でも、ぬるいお湯でできたラーメンは、変な味がしました。。



おなかこわすかな。。




最近、学校で出された冷え冷えの水。
煮沸してあるのかと思ったら、水道の水が冷蔵庫に冷やされてあっただけのものだったのに、飲んじゃった。


こっちの人は、冷蔵庫に入れれば、煮沸なみに菌が殺されると思っているふしがあります。


私も、すごい乾燥に耐えられず、最近学校では、その水を飲んでしまっている。
でも、わりとおなかもこわさなくなってきています。
いいのか、わるいのか。。。





今日は、その水を昼間に飲んで、夜、濾過もせず煮沸し切れていない水でラーメンを食べ、その上、生玉子も入れちゃった。。

明日がこわいです。
[PR]



by otankonasuko | 2010-10-21 05:14

英語の先生…

b0191887_512041.jpg

というか、うちの学校に来ているボランティアの青年です。

26才。

ニックネームがケイスと申します。アメリカでライターを目指しているそうな。


オザンビアンな彼ですが、9才頃からイギリスのインターナショナルスクールに行っていて、大学はアメリカっつう輩。しかも、専攻が英語ときたもんだ。

だから、英語がアフリカ英語じゃないのです。

それで、語学に興味があるから日本語にも興味をもってて、教えてあげています。ちょっとだけ。

で、彼は、私の英語を直してくれたり、簡単な会話に付き合ってくれます。


というわけで、写真をなぜか同僚がとってくれました。
[PR]



by otankonasuko | 2010-10-21 05:01

顔写真

b0191887_06733.jpg

日本の友だちたちに、いっぱいヒントを聞いて、教材作りに取りかかりました。


大学以外では、ずっと、肢体不自由か重度心身専門だった私。
軽度発達や、自閉症となると、また手立ては違ってくる。


ゆえ、特別支援学校で働いている友だちたちに聞いたのです。

ありがとう、おともだち。


で、さっそく顔写真のカードでも作ろうかと、写真を撮りました。

そこで、パシャリ。

驚くほど、目がキラキラしている!
写真でも、わかる?


どえらい、キラキラな目です。

びっくり。

か、かわいい。
[PR]



by otankonasuko | 2010-10-20 00:06

インドカレー

b0191887_0375889.jpg

最近、弱っている日記しか書けていなかったので、気を取り直して。


先週、カレーを食べに行きました。


ザンビアは、中国系、アラブ系、インド系の企業が多い!

私の印象では、

中国系は、コッパー(銅山系)とか。
アラブ系は、スーパーマーケットとか。
インド系は、キッチン用品や布系、雑貨屋などの小売店とか。


あくまで、私の印象なのですが、そんな感じです。
そして、みんな金持ち。です。


ルサカは首都だから、海外のレストランも多い。

ドイツ料理
イタリア料理
メキシコ料理
エチオピア料理
インド料理
中華料理
トルコ料理
タイ料理
韓国料理

私が知っているだけでも、こんな感じ。

で、インド料理のカレー屋さんに行ってきました。
いつも、屋外で食べていたのですが、蚊が怖いので、今回は屋内で。。。

初めて入った屋内。
なぜか、青い照明(ブラックライト?)で、写真を撮るとこんな感じに。


カレー3種類で、ナンもカレーもおかわり自由で500円。

お店も流行っていて、ムズング(こちらで肌の白い人のことをそういう)やインドからやってきた人たちも、いっぱいいました。
[PR]



by otankonasuko | 2010-10-18 00:37

私、怒った

なんだか、どうしていけばいいのだろう。。。と思い悩みつつ、毎日が過ぎていっております。


とにもかくにも、言語、なんだなぁ。


ご存じの通り、子どもたちは、現地語のニャンジャ語しか話さない。通じない。


知的障がい、自閉症となると、簡単な指示がよい。

のに、言葉が通じない!


先生たちも、日常的に現地語で、時々、英語を混ぜて話している。
だから、先生たちも何話しているのか、想像膨らましてしかわからない。
話の輪に入れない。。


と、きて、本日、大きな休み時間後、先生たちはテレビドラマを見始めて、同じ部屋で子どもには、なぜか人形を渡しただけという状況に遭遇。

子どもたち(軽度)は、人形をめぐり殴り合いの喧嘩をし始め(そりゃそうだ)、自閉症児は椅子に縛られている。


最初は、子どもに混じって、喧嘩を止めていたけど、無理でした。
言葉も通じないから、子どもの言い分もあやふや。。


今日はやけに、言葉がわからず疲れていたのと、先生たちの態度が嫌になり、「何がしたいの?」「何しているの?」と、先生に言い放って、プンスカ他のクラスに行きました。


で、そこには、自閉症の子どもが一人泣きながら部屋に閉じ込められていました。



先生は、ドラマ観に行ってて。



あーあ。




この子と一緒にいよう。
と、私も、そのこと一緒に部屋で泣きました。


でも、とりあえず、授業しようと思って、バランスボールで跳ねてご機嫌を取り、型はめ、手の平、足の裏のタッピング、なんぞしました。

最終的に、子どもも、クールダウンし、椅子に落ち着いて座れるようになってました。

すると、その先生が様子を見に来る。


「どうやって、クールダウンしたの?」

まだ、この質問をしてくるだけ、ましか。。。。


プンスカ部屋を出て行ったので、メインの部屋に戻ると、さりげなく「大丈夫?」と聞いてきた。
ふざけんな、と思いながら、「I'm OK」とウソを言ってみる。



午後、帰り際に先生に聴いてみた。

「How can I get your langage?」
(どうやって、ニャンジャ語マスターできるんだろう?)
「I always can't understand your conversation. So I'm sorry.」
(いつも、あなたたちの会話わかってなくて、ごめんね)

そう、ニャンジャで思いっきり話しかけられて、「え?」と言うと、ため息をつかれる。。
だから、いつもめんどうかけて、ごめんね。と言ってみたのです。

したら、
ニャンジャばかりで話して、こちらこそ、ごめんね。
と謝ってきた。


よし。謝った。
しめたとばかりに、
「Sometimes, I feel sad.」
(時々、悲しい。)

と、言ってやり、心の中でガッツボーズました。


そして、日本にいる友人の言葉を思い出す。


「転んだって、ただじゃ起き上がらないわよ!」



そうだ。
ここに来たのも、若干すっころんで来てるんだ。

ただじゃ、すますもんか!
負けるもんか!

やらねば。

てきとうに、だけど。。
[PR]



by otankonasuko | 2010-10-14 03:42

夏バテ

暑い。


暑すぎる。


昼間、ものすごく暑い。でも、日陰はいれば、けっこう涼しいのです。
が、屋内は、もっと暑い!なぜならば、トタン屋根だからです。。。

家に早く帰ってきても、家の中は35℃。
熱中症気味っで、弱ってるから、お昼寝したいのに、暑すぎて、眠れない。


夜も、然り。
トタン屋根は、まだまだ暑く。
30℃をきりません。
かつ、夜ご飯作ると、また室内温度も上がる。。
困る。


うぃー、気持ち悪い。ちなみに、レオさんも食欲減退中。



ザンビアンも、この時期は、午後に外に出ることは避けているようです。ほいでもって、水分補給をいっぱいしてる。そりゃ、あちーもん。


というわけで、夏バテ。
そーめん、恋しい(笑)
[PR]



by otankonasuko | 2010-10-12 04:44

ザンビアで生きてる、おたんこなすの思うこと。
by otankonasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

最後の日
at 2012-06-09 00:00
きまぐれ
at 2012-06-08 04:02
通勤途中のばあちゃんと
at 2012-06-08 04:01
明日が仕事おさめ
at 2012-06-08 03:57
コロッケを再度作ったのだけど、、
at 2012-06-08 03:53

ファン

ブログジャンル

画像一覧