おたんこなすこのオザンビアン

<   2010年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧




コンドームについて

このタイトル!?と思ったみなさま。


そうです、コンドームについてです。


こちら、オザンビアは、HIV感染者が多い国。
オザンビアというより、南アフリカ地域が多いのですが。。。

首都ならば、10人に1人くらい。

地方のある都市だと、6人に1人くらい。もっと多いかも。


HIV/AIDS感染、発症者が多く、街のいたるところに、HIV対策のクリニックやホスピス、VCT(HIV感染のテスト)ができるところがあります。


HIVによって、両親が亡くなって、孤児になっている人も大変多い。
クラスに、最低1人、2人、3人くらいはいます。


今は、発症、進行を抑える薬が国から無料で処方されているから、昔ほど死者の数も減りました。


だけど、未だ、ここの国の問題であるのです。



でも、それは、日本も同じ。

世界で感染率が唯一増えている国がひとつだけあるのですが、それが日本なんですよ。



コレ聞いて、びびりました。



全然、人ごとじゃない。





最近の高校生は、妊娠のことだけを気にして、普通のセックスではなく、お尻の方を使ったセックスが広がってるらしい。
いちばん、HIV感染しやすいのに。


割礼は、HIV予防の効果があるため、この国では、無料。
だけど、日本じゃ、有料。


HIVについての教育、情報が、行き届いてないのが、現状だなと思いました。
私も、ここに来るまで知らなかったことだらけですもの。




コンドームも然り。
避妊具でもあるけど、やはり、HIV予防には、とても大事なものなのです。


ゆえ、コンドームの普及率はすごい。
テレビのCMでも普通にやってます。

しかも、スーパーのレジの横に、あめ玉やガムと一緒に置いてあるからね。
ひょいと、手に取りやすいです。
しかも、値段が半端ない。

3つで、24円。



破格!



HIV対策でボランティアにきている人(女)と、試しに買ってみるかと、買ってみたら、びっくり。
24円!?
ふたりで、目を疑いました。




そして、友だち(女←一応明記:親が心配するだろうから)と、あけてみて、ほほう…と。。


まぁ、普通のコンドームには、変わりありませんが、分厚い。



比べてみると、日本のは、びっくりするくらい薄い。
ゆえ、友だちが働いているHIV関係の事務所で、オザンビアンに、日本製のコンドームを試しにあげてみると、その薄さに驚き、さらに使用して(←この情報はいらない?)絶賛していたそうです。



そこらへんを聞くと、日本製ってすごいな。
日本人は、やはり、職人気質だな…と思いました。




このブログは、私の上司も、親も、友だちも、教え子の保護者も、いろんな人が見てるから、こんな話題を「!?」と思う人もいるかもしれない。けど、やはり、知ってほしいこと。




HIVは、いろんな感染経路があるけど、やはり、人は生きていく中で恋愛をして、相手をもとめ合って…その中で、複雑にからんでくる、HIV。なかなか、オープンにできないところで、ひたひたと、感染していくもの。



とても、複雑。
と、この国に来てから、考えさせられること多いです。





オザンビアに来る前に、私も保健所に行って検査してみました。
(結構、簡易検査だし、人もわりといたので、一度みなさまも行くとよいですよ)
思い当たる節はないけれど、周りの人、大事な人を守るため。



そう、すべては、大事な人を守るため。







というわけで、コンドームが破格だよって、ことをメインで書きたかったのに、長々と失礼しました。
[PR]



by otankonasuko | 2010-11-26 03:36

お好み焼きソース(おたふく)について

オザンビアでも、キャベツと小麦粉は手に入る。



ので、お好み焼きを作ってみました。



が、お好み焼きソースがない。
(もちろん、ウスターソースもないよ)



ゆえ、母に懇願して、お好み焼きソースを送ってもらいました。(手にしたとき、嬉しすぎた)



しかし、このお好み焼きソースも、いつか尽きてしまうのか…と考えると、なんとかしなくては!という気になる。


今のうちに、自分でこの味を作れるようになってみようではないか!と、試みてみました。



裏にあった、原材料のとこにあるもので、うちにあるものをなんとか見繕って。。。




ケチャップ
みそ

しょうゆ
砂糖
かつおだし
オイスターソース(これは、書かれてなかったけど、独断で採用)



結果は、



いかんせん、




まずい。







これ、尽きたら、どうしよう。
おたふくソースって偉大だな。



ほんと、おたふくソースを開発研究した人に、感謝してます。
と同時に、これからもおいしいソースを作ってくれることにエールを送りたい。
[PR]



by otankonasuko | 2010-11-25 02:24

隣・芝・青シリーズ<ニンバ編>写真たち

b0191887_254619.jpg

b0191887_254670.jpg

b0191887_254633.jpg

b0191887_254665.jpg

b0191887_254674.jpg

b0191887_254625.jpg

b0191887_254667.jpg

b0191887_254648.jpg

b0191887_254698.jpg

b0191887_254610.jpg

1枚目:Mちゃん宅(塀は、わら)

2枚目:Mちゃんの勤務先の学校。この茶色いタイヤのホイルみたなのがチャイムらしい。

3枚目:トイレ

4枚目:肉屋で見た山羊肉。つうか、山羊の頭。

5枚目:庭のマンゴーをほおばるMちゃんとM田。

6枚目:Mちゃんちの庭で近所の小3くらいの娘らが踊りを見せてくれた。
     (後ろの石畳が歩きにくいトイレへの道)

7枚目:1匹500円で買ってきた鶏と私。

8枚目:炭の火をおこしてくれる近所の娘たち。

9枚目:鶏の首をおとしている、娘たち。調理食前の鶏。

10枚目:毛をむしる娘たち。




こんな感じです。

実にたくましい娘たちです。
でもそれが、普通の姿なんだなぁ。

できないほうが、恥ずかしいくらい。
[PR]



by otankonasuko | 2010-11-23 02:05

隣の芝は青かったシリーズ

b0191887_0574437.jpg

b0191887_0574416.jpg

『隣の芝は青い』シリーズ(同期ボランティアお宅訪問企画)


題して…

『それでも、隣の芝は青かった(んだと思う)』〜in NIMBA〜


最年少Mさん宅があるニンバに、行ってきました。

言わずとしれず、電気なし隊員・フォレストフルーツMさん。

今回の訪問者は、M田・K木・K藤です。




バスストップに着いた時の印象は、「意外に店がある」

でした。



しかし、Mちゃん宅を見ての第一声。

「勝った!」(M田氏)


何が勝ったのかは、想像にお任せします。



が、白と水色でペイントされたギリシャ風の家。
(室内の床は、涼しさを感じさせないえんじ色:おもてなしのためにコブラでちゃんと磨いてくれてたMちゃん)

ふんだんに蛇口からあふれる(止まらない)水。
(しかし、水浴び・調理前に、断水によって完全にストップ…)

外トイレと浴場まで続く、Mちゃんオリジナルの歩きにくい石畳の道。


おもしろすぎました。





しかし、敷地内にあるマンゴーの木は、数知れず。
落ちてくるマンゴーも、甘い甘い。
そのマンゴーを取りに来る、子どもたちの数も未知数。



お昼ご飯を食べてなけりゃ、お隣のおばちゃんが、食べさせてくれる。
水がなくなれば、ご近所さんがくれる。
鶏をさばきたければ、近所の子どもたちが、大人の見よう見まねでさばいてくれる。
踊りが見たければ、ませてる女子児童が、踊ってみせてくれる。



電気はなくとも、近所に助けてくれる人が、いっぱいいたニンバでした。


あ、あと、やっぱり、チャコール(炭火)で作るごはんは、うまい。
お米も、唐揚げも、炒め物も、チップスも、超超超超おいしかったです。



しかしながら、夜は、大量のインソワ(ガみたいなでかい羽蟻)に襲われ、トイレ(もちろん外のボットン)では、ヤモリに足下をのぼられ、もはやトイレではなく、庭でおしっこをするも、警備員の存在にドキドキしながら尻を出す…。という、人にも、動物にもびびった時間を過ごしました。




そんなニンバ。


Mちゃんは、たくましく生きています。
23才にして、生きる術を身につけている彼女は、今、とても貴重な時間を過ごしていると感じました。



というわけで、たぶん隣の芝は青かったと思います。

みなさんもオザンビアに来た際は、一度ニンバへ行ってみるとリアルザンビアを体験できます。


うちは、都会すぎるから。
[PR]



by otankonasuko | 2010-11-23 00:57

すいかさま

b0191887_3314580.jpg

雨季がはじまろうとしている、最近。


フルーツも、なり始めています。


うちにあるマンゴーの木にも、マンゴーがたわわになっています。
あと、アボガドも、実を大きくし始めています。


そんな中、すいかも路地で売られ始めています。


ずっと前、写真で登場した近くの路地の出店でも、すいかを売っていた!



ので、購入。




うます!

甘す!


がぶがぶ…
[PR]



by otankonasuko | 2010-11-18 03:31

朝日

b0191887_3231763.jpg

見送りに行く、空港までの道。


朝5時に出発するので、毎度、日の出を見ることができます。



だだっぴろい広野から、真っ赤な太陽が出てくるんです。



赤いな…


日が昇ったな…



複雑なことを思うでもなく、


ただ、


そう、思いながら、今回も朝日を見ました。



あかい、たいよう。



今日も、あいかわらず、地球は、まわってくれています。
[PR]



by otankonasuko | 2010-11-18 03:23

チテンゲしばりの送別会

b0191887_31726100.jpg

b0191887_3172677.jpg

短期のボランティアさんが、帰国すると言うことで、送別会がありました。
(写真:上が送別会@韓国料理屋、下が見送り@空港)

とても美人、かつお洒落な人で、チテンゲドレスも、自分で納得するまでデザインして作ってもらうという、こだわりっぷり。


そんな人なので、送別会は、男女ともに、チテンゲが使われた服を身につけてくるっていう縛り。


で、みんな、何かしらチテンゲを身につけていました。

男の人も、上下チテンゲの服だったり、チテンゲで作ったはっぴだったり…軽く、仮装している人もいました。ザンビアでしか、できないよ、こんなアホなこと。


珍しい光景で、送別会が行われた韓国料理屋さんの店員さんも、ホーッ!と見に来てました。



そして、早朝、空港まで見送り。
タクシーで40分くらいの所に空港があるので、首都に住んでいるし、せっかく出会えたんだから…と、帰国する人はできる限り見送ることにしています。


そう、せっかく出会えた人なんだもの。
旅立つ姿を、見送りたい。



ので、本日も、空港へ。


見送る度に、思う。


2年後、私も、送られる側に確実になってるんだな…。

どんな気持ちなのかな…。




あと、1年7ヶ月後、ですね。
[PR]



by otankonasuko | 2010-11-18 03:17

茶柱 in OZAMBIA

b0191887_4363582.jpg

カラティから帰り、「あぁ…明日は、また仕事か…」と、オザンビアにサザエさんはいないのに、サザエさん症候群になる私。


日本で働いているときは、日曜日の夕方に気が重くなることなんてなかったのですが。
奇跡ですな(笑)


まぁ、そんなこんなで、あーやだなーって思いながらも、日本茶を久しぶりに飲むと…



茶柱が!
立っとるがね!



明日は、腹立つこと、ありませんように…と、願う私です。
[PR]



by otankonasuko | 2010-11-15 04:36

カラティ(オザンビアは、なぜかこう言う)

b0191887_4312968.jpg

b0191887_4313077.jpg

先日、大使館のお知り合いから、「空手のナショナルチャンピオンシップあるけど、見に来る?」と、お誘いがありました。


大学時代、空手をたしなんでいた私。


ウオォー、見たい!
プロレスもない、このオザンビア。
そりゃ、見たいに決まってるじゃないですか!ウーフー!

と、浮き足だって、観戦に参戦。



極真館とか、剛柔流とか、糸東流とか、日本拳法とか、テコンドーとか、なぜか、幅広い流派が参加しての試合でした。


知っての通り、オザンビアンは、手足が長い。身体がよい。
ので、かかと落としも、後ろ回し蹴りも、まぁ、ダイナミックダイナミック…。

とにかく、久しぶりに、興奮しました。



そして、面白かったのが、審判の言葉。
「はじめ!」「中段まわしげり!」「けいこく!」と、日本語を話すという光景。
壁に掛けられている段幕には、『押忍の精神』とプリントされている。。
日本人じゃない人が歌った、「押忍の精神」って連呼してる歌も流れている。。


試合中に、うるさい。。と思うのは、日本人だけなのでしょうか。


しかも、時々かかる、中国チックな音楽。。。
こういうところが、日本が勘違いされているところなのですよね。

日本って知っておきながら、中国の音楽が流れちゃう、このむなしさ。。。(笑)



そして、私は、選手よりも、誰よりも、しっかり道着を着こなして、姿勢も素敵な、審判に惚れ込みました。(二つ目の写真)

いや〜、真剣に、かっこよかった!



あの審判が試合する姿見たら、私はノックアウトでしょうな。。
気絶だ、気絶。
[PR]



by otankonasuko | 2010-11-15 04:31

また腹をたてる

金曜日の午前中後半は、先生も、子どもも、疲れているので、ビデオタイムにしようという流れになりやすいです。

この金曜日も、私が、今日、子どものビデオ見ようか?と言うと、先生たちは大賛成。(そりゃそうだろうよ)


しかし!
少しだけ、パラリンピックのビデオを見てから、やっぱり子どもにとっては面白くないよね、と同意を求める同僚。


まぁね、じゃ、この子ども向け番組のビデオ見よう!と私が、それを取り出すと…



勝手にチャンネルを変えて、大人のドラマを見ようとしてる。



は?と思い、


「これ、見るの?」と質問。



「YES」


と、一番使用しているパートナーが返事。



顔でぶち切れてみて、その場を離れるわたし。



「おかしい!」
「子どもにとって、全然、おもしろくないじゃん!」
「授業中だろ!」



と、言えなかった私。



悔しくて、涙が出ました。
その場を離れることしかできない、わたし。




こんな自分が、いやだ。

くやしい。
[PR]



by otankonasuko | 2010-11-14 04:10

ザンビアで生きてる、おたんこなすの思うこと。
by otankonasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

最後の日
at 2012-06-09 00:00
きまぐれ
at 2012-06-08 04:02
通勤途中のばあちゃんと
at 2012-06-08 04:01
明日が仕事おさめ
at 2012-06-08 03:57
コロッケを再度作ったのだけど、、
at 2012-06-08 03:53

ファン

ブログジャンル

画像一覧