おたんこなすこのオザンビアン

<   2011年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧




同い年の会話

そう、私は、29歳。
アラサーとやら。



今日のBBQで、私の2倍くらいの体積のあるお姉ちゃんと話していたら、同い年だと判明。



そのオザンビアンのおねえちゃんが、

「日本、帰るのか?生涯、ここにいるのか?」


と聞いてきたので、


「ほら、あんた、この年になると、結婚とかあるやん。そうなると、日本に帰るわなー。あなたは、結婚してるの?」


という結婚話になる。


オザンビアン代表29歳は、まだ結婚してないと言う。

で、
「そうそう、まだ、私もMr.right(結婚相手として理想的な男性)を捜し中なのよねー。」

と私が言うと、

すかさず、オザンビアン代表は、

「そうよー。あ、いいなと思ったら、married man(既婚者)だったり、付き合ったら、rabbish
man(ゴミ・がらくた)だったり、useless man(役立たず・使えない)だったりさぁ〜。」


と、言っていました。



言葉の選び方が、えげつなー(笑)


と、思いつつも、大爆笑してしまった私。


このお年頃になると、こういう話になるのが普通。

世界共通なのね、と、意気投合できます。




そんな、私は29歳。
[PR]



by otankonasuko | 2011-10-25 03:19

ほめことば

本日は、独立記念日で、祝日。


というわけで、オーストラリア人の友だちの家にBBQしに行きました。


オザンビアン英語とは違う、白人英語。


アフリカン英語に慣れている私は、白人英語が聴き取れない〜。


ですが、わかったようなふりをしながら、推測して会話をすすめました。

ヒィーーーハァーーッ


そんな友人との会話の中で、


「うちのおかんが、なすこのこと、あの肌がめっちゃ綺麗な子って名前なに?、って言ってたよ」



と、友人が言っていました。



なんと!
私を肌が綺麗だと形容してくれたのかい!!



YES!!!
ワンダフル!!!




うれしいぜ、私(29歳)。



このお肌だけは、キープしたいー。


そんな私は、29歳。
[PR]



by otankonasuko | 2011-10-25 03:06

サボテンの花〜

b0191887_15565688.jpg

b0191887_15565690.jpg

こちら、オザンビア、ドンドン暑くなっております。

日差しが、痛い!


というわけで、9月から、一気に春→夏に駆け足です。


街には、お花が咲き、いい色。


サボテンの花も咲きました。


去年も、満開のサボテンの花を見て、

「日本じゃ、こんなサボテンの花、街角で見ないよね。。。っていうか、来年もこれ、ここで見るのかぁ。」


と、ちょうど活動も本格的に始まり、その中で言語や文化の違いに悩んで、軽いホームシックになってた覚えがあります。




あれから、はや1年。


早っ!!!



今年も、サボテンの花はきれいだよ。


来年のこの時期は、もうここにはいないのかぁ。
[PR]



by otankonasuko | 2011-10-23 15:56

決戦は木曜日

決戦は、木曜日!!

そう、10月20日、木曜日は決戦でした。



私の同僚の。



現在27歳、12歳の息子持ち。(同僚は、息子のことをハニーと呼ぶ)


ハニーのお父さんよは、結婚はしていないけど、5年前までは一緒にいて、突然、姿をくらました。

あれから、5年。

彼女は、わりと自由な男女交際、プレイフルな感じの女性だけど、心っていうか、魂の奥底には、ハニーのお父さんがずっといたんですな。
ボーイフレンドが、何人もいる(いた)わりには、いつも真剣じゃない、彼女。

口には出さないけど、やはり、ハニーのお父さんのことが一番だからなんだろうな…と、私たち同僚の中では言われていました。


そして、なんと、そのお父さんの居場所を突き止めた彼女。

彼の誕生日に、サプライズで逢いに行く!と、きっかけを待っていたようです。
それが、10月20日の木曜日。(昨日)


で、今週頭から、そわそわしていた彼女。

どんな服を着ていこうか、どんな髪型にしようか、、、そんなことを口にしていました。

お金のないなか、めいいっぱいのお洒落。
うちらも協力して、ベルトを貸したり、口紅を塗ったり、髪を整えたりして、見送りました。


不安だけど、期待もいっぱいの顔で、出かけていきました。


彼は警察官で、彼女はその勤務先に会いに行きました。


勤務先では無事に会えて、ちょうど、就業時間だったから、その後、街で待ち合わせをして、話したそうです。


勤務先に向かうとき、ドキドキしただろうなぁ。

勤務先で彼の姿が見えたとき、心が爆発しそうだっただろうなぁ。

街での待ち合わせも、待ち合わせの時間まで、時間つぶしで街の中をぐるぐる歩き回っていたんだろうな(お店でお茶して待つなんて言うお金ない)。

街で会ったとき、いろんな期待と不安で押しつぶされそうだったんだろうな。
でも、めっちゃくちゃ嬉しかっただろうな。


と、想像しただけでも、こっちが心ぎゅうぅぅっとなりました。



でも、彼は、はっきり言わないけど、誰かと結婚してるっぽい・・・と、彼女は気付いた。
子どもはいない・・・という彼。


子どもいなくて、結婚してるって、その方がきつい!!!!

できちゃった婚で、結婚したとかなら、まだ、なんかよりどころがあるけど、そうじゃないとなると、きつすぎる。。。



そんな彼女、昨夜は、一睡もできなかったそうな。

結婚してるの?ってのも、こわくて、はっきり質問できなかったそうな。(そりゃ、そうだろう)





日本もオザンビアも、こういうのって一緒だなって思いました。





そんな彼女、今日は元気が出ないと言いつつ、子どもの前では笑ってるあたり、けなげで、涙がちょちょぎれました。

金曜の午後、私たちが作業してるとなりで、彼女のコックンコックンと、眠りに入る姿をみて、本当に夕べは寝れなかったんだねと思ったら、また涙が出そうになりました。

同僚(私含む)は、超笑い飛ばした後、でも真剣に話してて、ほんと仲間想いだなぁ、と、そこでも涙が出そうになりました。




なんにせよ、彼女の決戦、よくがんばったと思う。

いろいろあるけど、大丈夫、すべては、きっと、うまくいくよ、と言いたいです。






大丈夫、すべては、きっとうまくいく。
[PR]



by otankonasuko | 2011-10-22 07:11

私の動物コレクション

b0191887_3183676.jpg

b0191887_3183678.jpg

b0191887_3183642.jpg

居候のレオ






学校のパッツォ







家の木彫りのカバです




すべて、私の癒しです。
[PR]



by otankonasuko | 2011-10-19 03:18

休み時間も板についた

b0191887_3144418.jpg

10:00〜11:00が、子どもたちの休み時間。


10:00〜10:30までは、おやつと甘ったるい紅茶タイムを教室で。

自分でもってきたおやつや、学校でもらえるおやつを、クラスみ〜んなで分けっこするのが、オザンビア流。

みんなで分けるってのが、普通だから、ほんの一口でも、文句言わない。たまに言うけど。
えらいです、そこらへん、うちの子たち。


そんなおやつの分配も、板についてきた今日この頃。

自分の配給分をとった、とられたっていう喧嘩を止めるのも、お手の物。



で、10:30〜11:00までが、外で遊ぶ時間。
先生たちは、交替でお茶を飲みに行き、食パンを食べに行く。


前までは、


「ひとときも、子どもから目を離しちゃいけない!」
「子どもがいる時間に、のんびりお茶飲むなんて!」
「はやく、子どものとこに戻らなきゃ!」
「安全確保!」


という感じで、食パンを口に放り込み、あっついお茶を流し込んでおりました。



が、最近。

いいのか、わるいのか。

超のんびりするようになりました。

食パン食べてからも、2杯目のお茶を飲み、それを手にキッチンの外のブランコに行き、ひとり優雅に空を仰いでお茶を飲むこともできちゃってる。。。



手を抜きすぎだろうか。。

まぁ、いっか。
[PR]



by otankonasuko | 2011-10-19 03:14

MUMA

b0191887_235179.jpg

私の大好きな同僚の名字は、『MUMA』(ムーマ)。


意味は、雲間から差し込む光のように、神様から与えられているギフトっていう意味らしい。



その、ムーマ。


よくオザンビアで見れます。


同僚とおしゃべりしながら、「あ、あれ、ムーマや!」って言ってたら、同僚はキョトンとしてから、私が何を言っているか気付き、


「なすこは、おもしろいわー。ちゃんと、覚えてたのね−。」


と、褒めてくれました。


うふっ
[PR]



by otankonasuko | 2011-10-17 23:05

同僚の家に、おしゃべりしに行く

b0191887_232972.jpg

b0191887_232916.jpg

b0191887_232940.jpg

やる気が出ないのは、ここ最近、日本人とばっかりいたから、か・・・・!?


というわけで、大好きな同僚の家に、ただおしゃべりしに行きました。


10月は、超暑い季節ゆえ、トタン屋根の家の中は、地獄そのもの。。。

ゆえ、同僚は、外に敷物を敷いて、座っておりました。
私の為に、座布団なんか用意してくれて、泣けます。


でも、青空の下、おしゃべりなんて、いい気分。


家の玄関先には、同僚のお母さんと親戚のおばさんが、ゴザ敷いて、おしゃべり。


こういう風景は、どの家の軒先にも見られます。


これが、普通。



で、やっぱり、私、この人好きやわ〜と思いながら、帰宅しました。


てへっ
[PR]



by otankonasuko | 2011-10-17 23:02

弱音

なんやかんや仕事以外のことがあり、この1ヶ月間まともに仕事をしていない私。


あと、オザンビアも9ヶ月なんですけど、ここ最近、いかんせん気分があがらない。


弱音も吐いてしまいそうな、今日この頃。


一番大好きなパートナーの同僚も、産休でお休み。

誰を心のよりどころにすりゃいいのか。。。


と、思いながら、過ごしています。

もっと、気分あげあげで、仕事一筋テンションにならないかしら。。
いつもなら、なるはずなんですが、なんかぽかーーーんとして、怠惰になってるわー。

日本なら、そんなこと言ってられなくて、次々に仕事くるから、やらなきゃしょうがないんですけど。
オザンビア、てきとーにやってりゃ、てきとーに済んでいっちゃうからなぁ。。。



はて、、、
どうしたものか。
[PR]



by otankonasuko | 2011-10-17 04:31

最近のレオさん(私の居候っていうか、じゃじゃ馬ならぬ、じゃじゃにゃん)

b0191887_259725.jpg

おひさしぶりです、レオさんです。


相変わらず、おてんば娘で、常に臨戦態勢。


もう4歳くらいになるのに、まだ落ち着かない。

未だに、カーテン越しから、私を狙い、突然のタックルをかまします。


そんな、レオさんのお気に入りは、やはりベットの蚊帳(2代目)。

1代目は、レオさんがビリビリにして、葬りました。。。。

で、2代目なんですけど、その蚊帳をつり下げるフックに、ハエ取り紙も吊してみたら、レオさんの遊び道具になってしまった。。。


にゃんPのお仕事、ハエ取りを怠け、ハエ取りシートに向かうなんて、猫失格だがな。。。と、頭をかかえています。



が、時々、寝言を言う、レオさん。

やっぱり、私、レオさんのこと大好きでたまりません。

好きすぎて、どうしよう。
[PR]



by otankonasuko | 2011-10-03 02:59

ザンビアで生きてる、おたんこなすの思うこと。
by otankonasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

最後の日
at 2012-06-09 00:00
きまぐれ
at 2012-06-08 04:02
通勤途中のばあちゃんと
at 2012-06-08 04:01
明日が仕事おさめ
at 2012-06-08 03:57
コロッケを再度作ったのだけど、、
at 2012-06-08 03:53

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧