おたんこなすこのオザンビアン

<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧




基本のスカート丈

オザンビアンは、基本、露出しないんです。


チテンゲを巻くのも、足を隠すため。


ロングスカートが基本です。



しかし!!!



最近はファッションもモダンで、ミニスカートはいたり、膝丈を履いたりと、いろいろ。


で、今日の同僚の会話。



C「あんた、かわいいスカートはいてるのに、なんでチテンゲなんて巻いてるのよ!」


V「だって、足がX脚なんだもの!」


C「そんなことして、足を隠してると、(男の)マーケットがなくなるよ」


E「そうよ!私なんて、ロングスカートはいてると誰も声かけないけど、膝丈くらいで、声かけられるもん!」


C「そうそう!私も、前の旦那は膝丈スカートで釣ったのよ。離婚したから、また膝丈再開よ!」


V「なすこと、私は、足を隠すのが好きなのよ。ね、なすこ!」


なすこ「うん。足、出せない。。。」


C・E「あんたら、マーケットなくなるわよ!!!」



ちーん。。。。
[PR]



by otankonasuko | 2012-03-27 05:00

花金は

高級なレストラン兼バーで、友だちとサラダをつまみに飲み、


ガールズトークに花を咲かせ、



その後、ビールを飲み続けながら、あぁ、運動せにゃならんな、、、、と踊り狂ってみました。



私と友だちの中で、オザンビアンのダンスを真似し合うことが、流行っています。
[PR]



by otankonasuko | 2012-03-25 18:58

最近食べ過ぎて

実は、人生でMAXな気がする。


あかん。


なぜだ。。。


ラストスパートかけて、シマを食べているからか。。。


でも、今日は花金。


わーい。


今から、


飲みに行ってきます。




何を飲もうか。。。


カロリーの少ないものを選ぼう。。
[PR]



by otankonasuko | 2012-03-24 02:34

次々に

仲が良かった友人たちが、日本に帰っていく。


次は、私の番かぁ。。。



と、家で少しずつ少しずつ大事に食べていた日本食を、本気で食べ始めなければ、残っちゃう!と気付いた。



でも、もったいないし。。。



と、思い悩む日々。



あんだけ、2年って長いって思ったのに、もうあとちょっと。



さみしゅうなりますね。


あと、私の苦手な(むしろ、嫌いな部類に入る)引っ越しが、やってくると思うと、おぞましい。。


荷物の片付け、処分、輸送。。。。



おぞましい。
[PR]



by otankonasuko | 2012-03-20 20:52

じゃがいもで腹をこわす

悪くなった、じゃがいもを食べて、


腹を下しました。



一切れくらいしか食べてないのに、


この有様。



盛りつけ係だった私、人にじゃがいもを盛りつけて、


その友人たちも、腹を下す始末。


人生で、初めて、人に毒を盛りました。



うぅ、みんな、すみません。


そして、私もお腹痛い。。。。
[PR]



by otankonasuko | 2012-03-20 20:48

ZAM8

なんとなく、


思いつきで、


AKBさんの真似をしようと思い、



何人か集めて、



「会いたかった」


を、踊ってみた。



もちろん、



オザンビアの制服を着て。



制服屋に行って、



オザンビアンに不審に思われながら、試着して購入。



近所の学校の制服を選んで購入。



水色のYシャツに、紺色のスカート。


紺色のネクタイ。




本番は、大盛り上がりで、楽しかった。




29歳で異国で高校生の制服を着るなんて、



良い経験しました。
[PR]



by otankonasuko | 2012-03-18 06:17

Nshima(シマ)づくり

b0191887_6113923.jpg

オザンビアの主食、



シマ!



送別会で、日本人だけでシマを作るということで…


ここ最近、配属先で、シマ作りを真剣に教えられ、特訓されていた私。


できたーーーー!



オザンビア人の助けなしで、初めて、うまく作れた!


日本人の友だち達にも、



「ザンビア人なみに、上手!」



と褒められた!!



特訓の甲斐があったわい。


日本でも作れるように、シマ作りに欠かせない、シマ専用の木べらを買わなきゃだな。。。
[PR]



by otankonasuko | 2012-03-18 06:11

援助慣れっていうか、なんていうか、、、、プンスカッ

途上国に言われがちの、援助慣れ。

援助されて、当たり前みたいに思ってるというか、そういう感じの話。

それは、文化なのか、なんなのか。

文化とうまいこと絡み合っちゃってるのが、このオザンビア。


私の同僚は、コンパウンド(低所得者非計画居住区)にお住まいの、お金のない部類に入ります。

ですが、ザンビアにはお金を持っている人もいるわけで。


今回は、働いてお金を持っているオザンビアン(私の友人、マトゥトゥちゃん)の話。


っていうか、むしろ、お悩み相談。。。


オザンビアでは、お金持ちが、金を出すのが当たり前。

金を持っていたら、友だちの分のビールを買うのが当たり前。

車を持っていたら、乗せて、家に送っていくのが当たり前。

バーに行っても、いつもマトゥトゥが払う。
クラブに行った帰りも、なぜか、帰りのタクシー代はマトゥトゥが払う。。


それを見ていて、はて?これがオザンビアの文化なのかね?と、私が思っていたら、実はマトゥトゥちゃんも、それに悩んでいた。


「イギリスの大学に行っていたときは、本当の友達・同僚がいた。バーに行っても、クラブに行っても、帰りは、さわやかにマトゥトゥ、バイバーイ!と言ってくれた。(日本でも、これ普通よね。)けど、ここは違う。タクシー代ちょうだい、と手を出してくる。自分は、友だちを金で買っているようなもんだ。でも、自分の仕事は一人でできないものだし、仕事仲間を失うわけにもいかん。。。ここの国で、本当に心から信頼できる友だちをつくるって、なかなか難しい。」っとな。

お金をあげることを止めると、みんな途端に悪口を言い始めるらしい。

「あいつは、金持ちになって、俺たちのことを忘れてしまった」って。。。



幼なじみとかが、そんな感じなのよ。


おかしい!
かなしい!!

と、私は、プンスカッ!

ザンビアの文化って、時に変。


働いていいないくせに、当たり前のように金をせがむなよ!と、私は、怒り狂うこともしばしば。



でも、それが、ここの文化だったりして、ときにそれは有効に働くわけで。

また、オザンビアン文化だけを責めるのは、おかしくて。


それが、ここの国だから。


でも、この国も変わろうとしている。

変わることがいいことなのか、悪いことなのかは、わからないけど、マトゥトゥちゃんみたいに思う人もいるってことは、そういうことなのかもしれないし。



どちらにせよ、これに関しては、大変、むずかしい問題。




まぁ、とりあえず、マトゥトゥちゃんが、悲しい思いをすることが減りますようにと、願うばかり。
[PR]



by otankonasuko | 2012-03-13 07:21

連休

木曜日は、Women's Dayで祝日。金曜日出勤で、土曜、日曜、月曜はYouth Dayで祝日。


というわけで、大きな連休でございました。


で、本日、Youth dayだったんですが、ザンビア人の友人が仕事仲間に急用で電話したら、「今日は、店閉めちゃって、今、横断幕持って
マーチングしてるよ!」と軽く言われる。それを聞いた私の友人、ハァ!?と呆れキレ。「おまえ、自分を何歳やと思っとんのや!もう39歳や
ぞ!おまえは、もうYouthやないよ。」と言っていました。
そのやりとりを周りで聞いていた私たち、大爆笑。

確かに。
[PR]



by otankonasuko | 2012-03-13 04:09

ザンビアで生きてる、おたんこなすの思うこと。
by otankonasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

最後の日
at 2012-06-09 00:00
きまぐれ
at 2012-06-08 04:02
通勤途中のばあちゃんと
at 2012-06-08 04:01
明日が仕事おさめ
at 2012-06-08 03:57
コロッケを再度作ったのだけど、、
at 2012-06-08 03:53

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧